第2回 12月2日(日曜日)
ビジネス・パソコンスキルアップセミナー


CDを焼く

CDを焼くと一言で言っても、ダビングするのとデータCDを作るのと、音楽CDを作る、DVDを作るなど 一口に言ってもいろいろ種類があります。

最近のテレビを録画したDVDは自分が録画したテレビ以外に再生できず、ダビングしたものを友達にあげても友達のテレビでは再生できません。

ビジネスでは一般的に写真データなどを買ってきたデータCDに焼いて渡すことや、音楽CDをダビングしてあげることなどが考えられるので
その方法について考えます。

B'sレコーダーはバンドル版でよくパソコンにライト版が標準で入っていますが、データCDを焼くだけならwindows7の機能だけで作ることができます。





CDのダビングやCDやDVDのイメージディスクを作って
パソコンに仮想ディスクドライブを増設し、いちいち出し入れしなくても使えるようなものを作ります。 ダウンロードはこちらから!


仕事の情報をCDでもらった場合、それをそのままCDのイメージで保存し、それを入れてそのまま活用することができるので便利なソフトです。
無料ですので、使いこなせると便利ですよ。

またAstroBurn     で ダビングもできます。 使い方について…



Wordを勉強してみます。